アルブチンの知られざる違いについて

ではさっそく、気になるネタをいきます。第一弾は「アルブチン」についてです。

美白化粧水などに必ずといっていいほど含まれている、有名なアルブチンですが、アルブチンが入っていたら、美白になれると思っていて、実際にどういう効果を持っているのか、そもそもどういう成分なのかを知らずに使っている人も多いと思います。

アルブチンとはハイドロキノン誘導体とも言われている成分で、シミの原因となる紫外線を浴びると大量に生成されてしまう、メラニンが作られるのを抑制してくれる働きがあります。そのため、シミのない美しい肌へと導いてくれる美白成分として、知られているのです。

また、アルブチンは同じく美白効果があるとして知られているハイドロキノンと比べても、安全性が高いことで有名です。ハイドロキノンはアルブチンと比べて、漂白作用が強く、お肌への刺激が強めです。しかし、アルブチンはハイドロキノンと糖分が結合したもので、お肌への刺激がほとんどありません。しかも、厚生労働省が許可している美白成分の1つでもあるのです。

アルブチンには大きく分けて2種類あります。アルファーアルブチンとベータアルブチンでして、もともとあったのは植物由来のベータアルブチンでした。ベータアルブチンは、コケモモやウワウルシなどに含まれていて、抽出することで得ることができます。

それに対して、アルファーアルブチンは、ハイドロキノンとブドウ糖を人工的に合成させて作ったもので、ベータアルブチンに比べて美白効果は10倍近くもあるとも言われています。

ですので、ベータアルブチンの含まれている美白化粧水よりも、アルファーアルブチンの含まれている美白化粧水の方が、美白効果が期待できるということができるのですが、値段は少し高めとなります。

美白化粧水を購入するときは、ただアルブチンが入っているかだけをチェックするのではなく、アルファーアルブチンが入っているのか、それともベータアルブチンが入っているのかをしっかりとチェックしてから、決める必要があるでしょう。