身体の中と外からできる乾燥肌対策について

乾燥肌の原因は様々です。まず肌に大きな影響を及ぼすのは外的要因です。空気が乾燥していれば肌は潤いを保つことができなくなります。湿気の少ない冬の時期に乾燥肌が起こるのはそのためです。

そしてその他の主な原因とし挙げることができるのは食生活の乱れです。たとえば肌が潤いを保つためにはタンパク質や脂肪酸、そして亜鉛の摂取、それに天然保湿因子が体内で生成されるように食生活に注意しなければなりません。

しかし食生活が乱れればこれらのものを摂取したり、乾燥肌を防ぐために必要な成分が体内で十分に生成できなくなるのです。またお酒の飲みすぎも乾燥肌を引き起こします。先にも述べたように亜鉛は肌を健康な状態に保つために必要な成分です。

しかし体は肝臓でアルコールを分解するときに多くの亜鉛を消費します。そのため肌の健康に悪影響が及び、乾燥肌が生じてしまうのです。アルコール飲料は水分補給の一つであり、肌によいと勘違いしてしまいがちですが、飲みすぎは肌に悪影響を及ぼすのです。

乾燥肌対策としてとにかく必要なことは肌に水分を与えることです。そのため化粧水や保湿クリームなどを塗り、肌をケアすることは非常に重要です。特に洗顔後は肌が乾燥しやすいために、すぐに保湿ケアを行うようにします。

またコットンやパットを用いて化粧水やクリームを塗ると肌に刺激を与えてしまうことがあります。そのため手で優しく塗るのが効果的です。また乾燥肌を根本から改善したいという人は食生活を見直すことができます。

ビタミン、脂質、そしてたんぱく質を含んだ食品を摂取することで肌は潤いを保つことができます。また忘れてならないのは水分補給です。肌細胞内の水分が不足すると乾燥肌が生じてしまいます。それで定期的な水分補給を心がけるようにします。

その他にも肌の生成サイクルを正常にすることで乾燥肌をケアするためには、定期的な運動も効果的です。そうすることで新陳代謝を活発になり、血行もよくなるために肌の健康が保たれます。

肌に欠かせない細胞間物質、セラミドについて

セラミドは肌表面の角質層の角質細胞同士を繋げる役割を果たす大事な成分です。角質層は皮脂や水分で覆われていて、乾燥、ダニやカビ又は物理的な刺激、化学物質や有害物質から肌を守ります、つまり肌のバリア機能です。

肌が健康な状態であればそのバリア機能を存分に発揮できますが、乾燥、不規則な生活、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、栄養不足、肌タイプに合わない間違ったケアなどで皮脂量が極端増減したり、角質が傷ついてしまう事で壊れやすく様々な肌トラブルの原因になったり悪化してしまったりします。

セラミドは肌のバリア成分の約60%を占めています。セラミドはみずみずしく美しく、トラブルに強い肌を作り維持するのに重要な成分です。セラミドはもともと体内にある成分ですが、セラミドが使用された化粧品を使用することで補う事ができます。

ちなみに化粧品に配合されるセラミドは、牛や豚などを主原料とし合成された動物性のものが長く主流でしたが、狂牛病が深刻な問題になったり、食品だけでなく化粧品など肌に使用するものの添加物にも安全性がより重視されるようになった現在は、こんにゃく芋や小麦などの食品から合成された植物性のものも増えてきています。

セラミドを使っている化粧品には、化粧水、乳液、美容液、パック等があります。人型ナノセラミドを使用した「アヤナス」、セラミドだけではなくコラーゲンも配合された「メディプラスゲル」、製薬会社の小林製薬が開発した「ヒフミド」などがあります。

トライアルセットで肌との相性をチェックしてからの使用がおすすめです。またドラッグストアやコスメ専門店にもセラミド使用の化粧品は多くあるので、要チェックです。

睡眠は肌への最大の薬!安眠を手に入れるポイントは

人は睡眠中に成長ホルモンが大量に分泌されます。このホルモンは子供の健全な成長に必要なものと思われがちですが、成人にとっても重要なのです。

体の機能を回復させ、疲れを取り、代謝を良くし、抵抗力をつけるなど、その日の体をリセットさせ、翌日また活動できる体力を作るためにとても必要なホルモンです。

これはもちろん肌にも大きく関わってきます。

睡眠不足が続き、成長ホルモンが十分に分泌されないと、体の機能低下だけではなく、肌の代謝も落ち、血行を悪くして、シミやシワができやすくなってしまうのです。つまり、睡眠が不足することで、肌の老化を進行させてしまうということです。

逆にしっかりと睡眠をとっていれば、成長ホルモンは十分に分泌されるので、肌の代謝が上がり、血行が良くなり、老廃物が取り除かれ、ターンオーバーも正常になるので肌もなめらかに美しく生まれ変わっていきます。

美肌を作りだすのに、睡眠は欠かせないということですね。

しかし、ただ眠ればいいというわけではありません。この成長ホルモンは眠りについてから3時間の間の、さらに熟睡しているときに分泌されるので、眠る前から睡眠につきやすい環境づくりを行い、布団に入ってすぐに深い眠りに入れるような工夫をするといいでしょう。

眠りにつく1時間前には入浴を終わらせること、パソコンやスマホのブルーライトを浴びない様にすることや、激しい運動を控える、というのは質の良い睡眠をとるためには大切なことです。

さらに安眠に誘うグッズがあるとより効果的ですね。

今は多種多様な安眠グッズが販売されています。枕も一つの安眠グッズですが、これも自分の首のカーブに合わせて体がリラックスできる状態を保てるものに交換すると、とても眠りやすくなるものです。

また、夏に人気なのは、熱を放出させ、汗を吸水・蒸発させてくれるクールパットですね。触れた瞬間がひんやり冷たく、サラッとした肌触りで心地よく、寝返りを打つたびに熱を放出してくれるので、常に触れた部分にひんやり感があります。

夏の寝苦しい夜には嬉しい商品です。

さらに、安眠のために、目もとを温めてくれるホットアイマスクというものもあります。アイマスクをしながら適度な熱で目もとの血行を促し、疲れを取ってくれます。

同時に好きな香りのアロマを焚くのもいいかもしれませんね。アロマポットを利用して、ラベンダーなどリラックスできる香りを選ぶといいでしょう。

肌はストレスを映す鏡?軽減できる食べ物とは

ストレスの影響が顕著になるのが、肌であるといわれています。肌は主に2つのストレスに晒されています。その2つとは、太陽による紫外線や、空気が乾燥しているといった外的ストレスと、日々の疲れや睡眠不足などからくる内的ストレスです。

紫外線などを全部避けるということは不可能ですし、毎日規則正しく、たっぷりと睡眠時間を設けるというのも、多くの人にとっては難しいです。そのため、いつも肌はなんらかのストレスに晒されているということになります。

ストレスが肌へと影響することには、活性酸素というものが深く関係してきます。活性酸素は、その強力な酸化力により、細胞を老化させるという厄介な働きを持つもので、ストレスは活性酸素を多く発生させる原因となってしまうのです。

他にもストレスは、体のホルモンバランスを乱れさせて、男性ホルモンを多く分泌するようになってしまうことで、肌の皮脂が過剰になってしまい、大人ニキビなどの原因に繋がるのです。

肌を老化させる原因となる活性酸素は、日々の生活を送る上で避けることは困難です。少しでも活性酸素を除去してくれる、抗酸化成分の含まれる食べ物を食べることが大事です。

抗酸化成分の含まれる食べ物には、ビタミンやポリフェノールがあります。ビタミンやポリフェノールは、野菜や果物に豊富に含まれているので、肌の活性酸素への対策のために、しっかりと食べましょう。

気持ちを落ち着かせる働きを持つ、セロトニンという脳内物質があります。これはストレスを受けてしまうと減少してしまい、セロトニンの不足は、肌へのストレスを更に高めてしまうこともあります。

肌へのストレスを軽減するためにも、セロトニンの不足は解消しておく必要があります。セロトニンの不足を解消するには、日光を十分に浴びて、適度に運動をして、トリプトファンやビタミンB6や糖分などの栄養素を、十分に摂取することです。セロトニンを増やすことで、肌に加わるストレスを減らしましょう。

紫外線とシミ対策!誰でもできる予防方法

人間の肌は紫外線に長時間さらされると黒く変色します。これは有害な紫外線から細胞を守るためです。この肌の黒色はメラノサイトと呼ばれる細胞によって作られます。いわば紫外線を浴びるとメラノサイトが肌を守るために黒いカーテンを肌の中につくり、紫外線をシャットアウトするのです。

肌内で作られた黒色は紫外線を避けることで消えてなくなります。しかし黒色を体外に排出する働きである新陳代謝が正常でなくなると黒色は肌に残ってしまいます。これがシミです。新陳代謝が正常でなくなる原因は様々です。主な原因として睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの異常などが挙げられます。

また常に紫外線にさらされており、肌が本来の色に戻る時間がないという状況もシミの原因となりかねません。シミが沈着してしまい、そこから抜け出せなくなるのです。そのためシミ対策、もしくはシミができた後の素早い対処がシミを肌に残さないための大きなポイントなのです。

シミ肌対策で有効なのはとにかく紫外線から肌を守ることです。そのため外出時には日焼け止めクリームを塗るように心がけたり、つばのある帽子をかぶったり日よけのグローブや日傘を使用するなら、肌を紫外線から保護できます。

また意外なことかもしれませんが春の紫外線は非常に強く、シミを作り出す原因となります。それでそ春の時期はれほど暑さを感じなくても紫外線対策を行うべきです。

また先にも述べたように新陳代謝が活発であるならシミを予防することができます。そのため新陳代謝の働きを妨げるようなものを排除するようにします。ストレスを発散させ、十分な睡眠を撮るようにするのです。

この点でお勧めなのは適度な運動です。運動することでストレスが発散されます。また体が適度に疲れるために、深い眠りにつくこともできるのです。ミネラルやビタミンは新陳代謝を活発にする働きを有していますので、これらを積極的に摂取することも非常に効果的です。

やっかいな埋没毛対策と根本的な解決方法

ふと肌を見てみると、毛が皮膚の中に埋まっている様に見える場合があります。それらは主に埋もれ毛と呼ばれています。埋もれ毛が出てきてしまう原因として挙げられるのは、自宅での自己処理です。自宅でムダ毛の手入れをする際に、多くの人は毛を毛抜きで抜くか、カミソリで毛を剃るでしょう。

この時、毛だけを処理しているという事に気を取られてしまい、肌が傷んでいる事を見逃している人が多いのです。肌を傷つけている事によって毛穴が炎症を起こします。そして毛穴が次第に塞がれてしまいます。ですから、本来であれば肌の表面に出てくるべきはずの毛が、手口を塞がれている事によって皮膚の中に滞ってしまうのです。

そして埋もれ毛となります。自己処理を行う時に、肌に負担が大幅に掛かってしまう安いタイプのカミソリなどを使うと、余計に肌を痛めつけつけてしまいます。ですから、自己処理をするのであれば、なるべく肌を負担の少ないタイプの商品を選ぶ事が望ましいでしょう。

実際に埋もれ毛が出来ると、とても気になってくるものです。すると、ピンセットなどで毛を皮膚の中から出してみたくなる人も多いのです。しかし、無理矢理肌をほじって埋もれ毛を出すという事はしてはいけません。余計に肌にダメージを与えます。

埋もれ毛が出来てしまったら、自己処理は中止する事が懸命でしょう。他にも埋もれ毛を作り出す可能性があります。埋もれ毛となっている、毛穴を塞いでしまっている皮膚を少しずつでも除去する事が良いでしょう。それは角質を除去する事と同じ事です。ですから、市販のゴマージュやピーリングを適度に使用してみるのも良いです。

すると、暫く経ってから埋もれ毛が出てくるでしょう。また、こうした埋もれ毛を作り出さない為にも、思い切って自己処理をしないで済むように脱毛サロンに通うのも良いです。脱毛は肌への負担もかなり少なくては済みます。そして、脱毛サロンで使用している機械は黒い毛に反応するので、通っているうちに埋もれ毛が解消するという可能性もあるのです。

女性用ムダ毛剃り器は何が特徴的?おすすめメーカーは

ムダ毛シェーバーといっても女性用のものは、当然作り手も女性社員などがしっかりと考えているために女性に嬉しい効果や機能が沢山付いています。まずは何と言っても肌を傷つけないようにシェーバーの刃が直接当たらないようにしっかりと配慮されているために、カミソリ負けや肌荒れの心配が少ないという点です。

カミソリの刃も鋭く無いために広範囲で使えるようになっているので、全身に使えたりデリケートゾーンの処理にも使えるようになっています。また女性の肌に合わせて部位ごとにアタッチメントやヘッドを交換して使う商品もありますので、こちらだとよりそれぞれの箇所に合わせてムダ毛剃りができるようになっています。

女性向けの商品としてはコンパクトで運びやすくなっているものも多く、外出や旅行時にも持っていけるように考えられています。またムダ毛剃りをする際に風呂場などでの使用も耐えられるように防水性をしっかりと施してあるものもあり、女性に嬉しい効果や機能が沢山あるのが女性用ムダ毛シェーバーのメリットです。

女性用ムダ毛シェーバーは色々な商品がありますが、パナソニックの商品は美容方面でも信頼性があり手頃な値段なのでお勧めです。ちょっと分野違いですが、脱毛タイプの商品ではパナソニックの「ソイエ」などはとても有名な商品ですからね。

さてパナソニックの女性用ムダ毛シェーバーですが、口コミや評価サイトなのでも一番有名な商品は「ミタメアップ フェリエ」です。エントリーモデルとしてのES-WF40はスイングヘッドが付いてないものですが、何と言ってもそのコンパクトなデザインと軽さが圧倒的なので、長時間使用しても腕が疲れないというのが嬉しい特徴です。

主な使用としては顔のムダ毛剃りから眉毛を整えるためのサイズを変えることができるコームが付いており、お値段も2000円程度ということでとてもいい商品です。またより全身のムダ毛剃りを考えたいのならば「サラシェ」もいいと思います。こちらは一般的なシェーバーの形をしており石鹸剃りにも対応しているので全身のムダ毛剃りにとても便利となっています。

アルブチンの知られざる違いについて

ではさっそく、気になるネタをいきます。第一弾は「アルブチン」についてです。

美白化粧水などに必ずといっていいほど含まれている、有名なアルブチンですが、アルブチンが入っていたら、美白になれると思っていて、実際にどういう効果を持っているのか、そもそもどういう成分なのかを知らずに使っている人も多いと思います。

アルブチンとはハイドロキノン誘導体とも言われている成分で、シミの原因となる紫外線を浴びると大量に生成されてしまう、メラニンが作られるのを抑制してくれる働きがあります。そのため、シミのない美しい肌へと導いてくれる美白成分として、知られているのです。

また、アルブチンは同じく美白効果があるとして知られているハイドロキノンと比べても、安全性が高いことで有名です。ハイドロキノンはアルブチンと比べて、漂白作用が強く、お肌への刺激が強めです。しかし、アルブチンはハイドロキノンと糖分が結合したもので、お肌への刺激がほとんどありません。しかも、厚生労働省が許可している美白成分の1つでもあるのです。

アルブチンには大きく分けて2種類あります。アルファーアルブチンとベータアルブチンでして、もともとあったのは植物由来のベータアルブチンでした。ベータアルブチンは、コケモモやウワウルシなどに含まれていて、抽出することで得ることができます。

それに対して、アルファーアルブチンは、ハイドロキノンとブドウ糖を人工的に合成させて作ったもので、ベータアルブチンに比べて美白効果は10倍近くもあるとも言われています。

ですので、ベータアルブチンの含まれている美白化粧水よりも、アルファーアルブチンの含まれている美白化粧水の方が、美白効果が期待できるということができるのですが、値段は少し高めとなります。

美白化粧水を購入するときは、ただアルブチンが入っているかだけをチェックするのではなく、アルファーアルブチンが入っているのか、それともベータアルブチンが入っているのかをしっかりとチェックしてから、決める必要があるでしょう。